ファミリーアシスト あすなろ教室

アクセスカウンタ

zoom RSS 視野を広げる

<<   作成日時 : 2017/02/09 21:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 遊びに夢中になっているとつい約束の時間を忘れることがあります。読書をしている時に話しかけられても気づかないことがあります。

 これは、脳のはたらきによるものです。

 集中したことにエネルギーを費やしているために、他にエネルギーが流れていかないためにこのようなことが起きると考えられます。


 また、考え事をしている時に話しかけられるとうるさく感じたり、任された仕事に一生懸命になっている時に相談を持ちかけられると焦りを感じたりすることがあります。

 仕事の事に集中すれば、仕事にエネルギーを注ぐことになりますが、他の事が入ってくると、仕事に集中することができず、エネルギーを分散することになります。

 これらのことから、無意識は、安心安全のためにはたらきくので、エネルギーの分散を危険だと判断し、 これを避けるために感情を沸き上がらせて、エネルギーの分散を止めようとしていると考えることができます。

 私たちは、一度に1つの事しか意識することができないため、2つ同時には扱えません。
 安心安全のための脳のはたらきは、意識することなく自然に起こります。

 近くを見ていると周りのものは目に入りません。そのため、気づかないことも多くなります。

 意図して視野を狭くしているわけではありません。ですから、1つの事に集中するために視野が狭くなることは、仕方がありません。

 私たちの視野は、成長と共に行動範囲も広がり、視野が広がり、体験の違いから視野の広がりにも個人差が生まれます。

 視野が広がる体験として、就学、就職、結婚、出産、昇進などがあります。
  ・結婚すれば、一人の生活から夫婦の生活になるため視野が広くなります。
  ・子どもが生まれれば、子どもがいない時と比べて夫婦以外の人とのかかわりが増えたり、養育に関わる人や情報が増加したりするため視野が広くなります。
  ・役割が変われば、関わる人や責任が変わり、変わる前より視野が広くなります。

 これらの視野の広がりは、意図的に視野を広げるというよりも状況が変わって視野が広がったことになります。

自らの意思で視野を広げようとする営みは、割と少ないのではないでしょうか。

変化の激しい今の時代にあっては、今の状況をこなすだけで、精一杯と考えている人がほとんどのように思います。日々の生活をこなすだけでも大変だと感じている人も多いのではないでしょうか。

自らの意思で視野を広げようとすれば、それなりにエネルギーを使います。
その事にエネルギーを使うならば、別の事に使った方がよいと考えている人もいるかもしれません。
視野を広げるために、話を聞いたり、本を読んだり、体験をしたりすることに時間を割きたくないと思っている人もいるかもしれません。

しかし、本当は、視野の狭さがストレスを生んだり、苦しんだりしますので、視野を広げるだけで、ストレスを緩和することもできます。

 視野を広げると、仕事の仕方や人への対応、自分への見方もかなり変わってきます。
 
視野の狭さが問題を引き起こす例を挙げてみます。
・仕事だけの事を考えていると、家庭の事や子どもの事がなおざりになり、問題が発生すると仕事に集中できないため、仕事に支障を来たすことがあります。
 
・悩みを抱えていると、悩み以外の事がおろそかになり、食事への配慮に欠けたり、人との関わりを減らしたりと、生活が変化することがあります。

仕事を自分一人で抱えてしまうのは、ひょっとすると、夢中になって視野を狭くしているからかもしれません。一人で悩んだり苦しんだりしている時、視野が狭くなっていないか確認してみるのもよいでしょう。
一人で悩んだり、苦しんだりせず、今の状況を自分はどこからどのように眺めているのかをつかみ、視野を広げることができれば、可能性が広がり、ストレスも少なくなります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ファミリーアシスト あすなろ教室では、子育てで悩みやストレスを抱える親さんや先生
向けのメール相談やスカイプ相談を承っています。
HP:http://asunarokyoshitu.jp/
E-mail:suda1016@mail.goo.ne.jp
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
子育て電話相談なら岐阜市のファミリーアシスト あすなろ教室  

 


ファミリーアシスト あすなろ教室 について

◆子どもの幸せのために

 私たちは、子どもの幸せを願って、日々努力しています。

 その努力は、子どもが成人し、独立するまで続きます。長い道のりですが、愛するわが子のために選んだ道です。

 育てる道のりで現れる苦労は並大抵のものではありません。

 例えば、家庭と仕事との両立、子育ての悩み、家庭生活の充実、学校との関係、子どもの友達関係、人間関係(地域、友人関係、職場、趣味)など多くの出来事の中で悩んだり、苦しんだり、ストレスを抱えたりすることがあります。

 これらの苦労を一人で抱えるのではなく、多くの人の支えの中で乗り切ることが、今必要とされています。

 ファミリーアシスト あすなろ教室は、その支えの一つです。

 子どもを直接預かったり、育てる側の保護者や教師、職場への働きかけをしたり、その後の関係を築いたりします。

 あなたのために、あなたの願いを生かし、子どもの幸せを実現するために、できる限りの努力を総合的に行います。まずは、ご相談ください。

 代表 須田 敏男

 

コラム

保護者の方へ 

 一人で悩まないために 

 子育てを楽しむコツ

 子どもを知ると子育てが変わる 

    子どものやる気を育てる褒め方 

 仕事と子育てを両立させるには 

 親を悩ます子どもへの対応 

 反抗期の子どもとの上手な接し方 

 電話相談のメリット 

先生方へ

 子どもから信頼される教師になるためには

 初任者教員が担任になったら始めにすること

What's New

子育てメール相談なら岐阜市の【ファミリーアシスト あすなろ教室】

相談の不安を取り除くと相談しやすくなります。まずは、メールをご利用ください。できる限り自分を伏せたいと言う方には、最適です。

015/11/17
専用アプリにQ&Aを設定しました。
015/11/15
専用アプリが完成しました。ご利用ください。

 

 

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
視野を広げる ファミリーアシスト あすなろ教室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる